半径3メートルの幸せ。

From:歯科増益コンサルタント 新井翔平

夜回り先生。

 

 

 

ちょっと今日は新井の大学生の時の話。

当時通ってた大学に、

夜回り先生で有名な水◯修先生が講演でいらしたことがあったんですよね。

 

 

こっちじゃないですよ。

 

 

テーマは、

非行に走る少年少女をいかに守るか?

とか、

ドラッグは絶対に辞めよう。

とかがメインのメッセージでした。

 

 

初めて聞く夜回り先生の壮絶なお話は、

とても心に刺さり、

若い当時の新井にとっては大きなインパクトを与えました。

 

「こんな素晴らしい人がいるのか」

「命をかけて少年少女を守る大人がいるのか」

 

 

とても感動して帰って、母にその話をしました。

 

すると、母から返ってきた言葉は、、、

 

 

 

 

「そんなん無駄や」

 

 

 

「対処療法や」

「意味あらへん」

 

 

よくもまぁ、興奮気味に話す子どもの体験談をそこまで一刀両断できるな、と。。。

 

 

「現場で見てもないのに、何でそんなことが言えんねん!」

と、若干キレ気味に私も食い気味に応戦するわけです…笑

 

 

そしたらまたまた返ってきた母からの言葉は、、、

 

 

 

「大学生に言うたかってしゃーないやろ」

 

 

 

「親世代にしゃべらんと」

「そりゃ、大学生もそのうち親になるけど」

「結局、一人で夜の繁華街を夜回りして10代の子ら一人一人家に帰しても焼け石に水やねん」

「一人一人の親が、まず目の前におる一人の子どもをきちんと愛して、きちんと育てる」

「まず、目の前におる子、すぐ隣におる子を大事にしてしっかり愛する」

「そしたらその子がまた、自分の子どもをしっかり愛して育てる」

「あんたは今、夜回り先生のやってることが”尊い”て言うたけど、それも間違ってへんで」

「でも、ほんまに”尊い”のは、」

「目の前の子、一人一人に、」

「当たり前じゃないことを、当たり前のようにやってる世の中の母親たちや」

「その繰り返しが社会を作ってんねん。家庭の中から始まってんねん。」

 

 

5人を育てて(新井は5兄妹の長男)、

自営業の副社長もやりながら、

主婦、親業をこなす、

母の言葉にぐうの音も出ませんでした。

 

 

 

 

半径3メートルの幸せ。

 

 

 

 

今の新井は思うんですよね。

半径3メートルにいる人(=医院で働くスタッフたち)が幸せじゃないのに、

どうやって、

半径3キロメートルにいる人(=患者様)を幸せにできるのか。。。

 

 

まず、

 

半径3メートルにいる人の声に耳を傾けることから始めてみませんか。

 

 

 

あらい

 

追伸:

 

東京・大阪で毎月定例勉強会実施中♪

 

4月のテーマ

「患者様の遅刻、無断キャンセル、急患をコントロールし、
生産性とスタッフの満足度を同時に高める方法」

 

詳しくはこちら

 

 

 

より深く学びたい方、セミナーに参加したい方はメルマガにご登録ください。
院長先生の働く時間を半分にし、利益を3倍にするためのマーケティングの仕組みや財務戦略、スタッフの主体性を引き出す方法などを無料で配信しています。
また、ブログでは掲載できないお得情報やセミナーへの優先案内などをメルマガ読者様に配信しております。
優先的に情報を得たい方は、ご登録をよろしくお願いします。