コンサルが始まる歯科医院で起こる不思議なこと。

From:歯科増益コンサルタント 新井翔平

目に見えない力ってありますよね?

 

 

 

 

ちょっと今日は不思議だなーと思う話です。

 

 

だいたい私とのコンサル(医院の風土改革?組織改革?)

が始まると、

結果的にスタッフが結構入れ替わったりします。

 

 

( 注:
「人は自分の内面に見ているものを、外側に見る」
と言われるので、
こんなことを言ってしまったら、
これ以降私とのコンサルを始めると、
先生が「人が入れ替わることを期待」しちゃいそうなので、
ちょっと嫌なのですが…。
参考程度に読んでみてください。 )

 

 

 

 

院長が「変わるんだスイッチ」を押した瞬間、スタッフが目に見えない何かを察知する。

 

 

 

 

「変わるんだスイッチ」は、今作った造語です。

コンサルを入れるくらいだから、

院長の中で、

潜在的に、

「このままでいいのかな…」

「変わらなきゃダメなんじゃないかな…」

「これじゃジリ貧だと思うんだよな…」

 

などなど、

 

“潜在的に”思ってはいても、

この段階ではまだ表に出て来ていない感情があると思うんです。

 

 

つくづく不思議だなーと思うのは、

コンサル契約を交わした翌日から、

 

 

 

 

なぜか古株の衛生士の、スタッフいじめがエスカレートしたり、、、

 

 

 

スタッフから院長先生へのマウンティングが激化したり、

権力争い(診療方針の対立やetc…)

などなど。

 

 

院長の「変わろうとする意志」を、

これまでにないパワーで、

くじこうとする力学が発生するんですよね。。。

 

 

 

 

まだ何も伝えてないにも関わらず…(・ω・`;)

 

 

 

 

逆に、

それらの事件によって、

さらに「変わろう」とする意志を固めるきっかけにもなるかも知れませんが。

 

 

まだ私が直接スタッフに会ったわけでも、

院長が今後の方針を説明したわけでも「無いのに」ですよ。

 

言葉は汚いかも知れませんが、

組織が変わろうとする時、

何か、「膿」みたいなものが出るんじゃないかなと思います。

 

で、

その「膿」が出る時期って、

医院によっては1~2ヶ月目で早々に出ることもあれば、

4~5ヶ月目に出ることもある。

 

 

その時期ってとても院長先生は精神的に辛いんですよね。

 

 

 

「こんなにしんどいのなら、元に戻った方がマシだわ…」

 

 

 

そう思えるような。

これは分かる気がするんですが、

先生も大学の時、

生体系で「ホメオスタシス」とか習ったの覚えていませんか?

恒常性って言って、

生物が「現状維持を続けようとするチカラ」と言いますか。

 

 

 

 

グレーゾーンを長く続けて来たので…

 

 

 

医療人だから、

開業医だから、

売上を立てれば、

診療点数を稼げば、

キャッシュフローを回転させれば、

それで経営はうまく行く。

 

 

「治療をこなすこと」=「経営である」

 

 

そんな錯覚をしちゃってたと思うんです。

 

 

でも、

本当の意味で「経営をする」というのは、

自分の納得感を持って、

コントロール感を持って、

狙った「時間」と、「利益」を作り、

地域の患者様に貢献する。

 

 

コントロールするべくして、

コントロールするものだと思います。

 

それが本当の意味での「経営」だとするなら、

多くの院長先生は、

 

 

 

 

「ビジネスに働かされている」

 

 

 

ようなものだと思います。

 

どこも目指して来なかった(=グレーゾーンに長くいた)ので、

明確な「どこか」を目指す、となると、

必ず、

グレーゾーンのぬるま湯が大好きだったスタッフたちが、

自分の安全圏を守るために、

エゲツない抵抗を見せるんですよね。笑

 

 

 

 

でもこれは、

院長先生にとって、

「リーダー」になるための試金石みたいなものだと思います。

 

「理想の未来を作る!」って決めちゃったので、

どうしても、

「異なる未来を見ている人」とは反発しちゃうこともあるかも知れません。

 

今いる仲間全員がついて来てくれればいいけれど、

多くの場合は、何人か離脱してしまうと思います。

 

 

 

でもこれまた不思議なことですが、

 

 

スペースが空けば、そこにピッタリな人材が入ってくる。

 

 

 

それは外から来る場合もあれば、

意外と頼りないと思っていた新人が、

みるみる水を得た魚のように、

成長して新たな右腕になることもあります。

 

なので、

恐れずに、

 

 

旗を振りましょう。

 

 

 

あなたの人生なのですから。

 

誰のものでもない。

 

あなただけの旗を掲げて、

 

それに賛同する仲間と、

 

素敵な未来を作りましょう。

 

 

それが経営者の醍醐味じゃないですか?

 

 

 

 

アライズム

より深く学びたい方、セミナーに参加したい方はメルマガにご登録ください。
院長先生の働く時間を半分にし、利益を3倍にするためのマーケティングの仕組みや財務戦略、スタッフの主体性を引き出す方法などを無料で配信しています。
また、ブログでは掲載できないお得情報やセミナーへの優先案内などをメルマガ読者様に配信しております。
優先的に情報を得たい方は、ご登録をよろしくお願いします。